ダイス!

サイコロをふって出た目の数をたして、その数を自分の持っているカードからつくるというルール。

小さい数をたくさん使うと、一度にたくさんのカードを捨てられます。

でも、手持ちのカードが少なくなってきたときに、大きい数ばかり残っていると・・・

たくさん頭を使いそうですね!

 

自分の手持ちのカードを目の前に表のように並べると、残りのカードのバランスもチェックできます!

なるほど〜。

 

使うカード

 

 

プレイするまえにしておくこと

サイコロを2〜5個用意する。全部のカードを分ける。

ゲームのすすめかた

1.サイコロをふる。

 

2.サイコロの目の数をたす。

 

3.持っているすうじカードで【2】の数をつくる。

 

4.【3】でつくったカードを場にすてる。

 

 

◆ サイコロは途中で個数をへらしても良い。

かちまけ、ゲームのおわりかた

一番はやく 持っているカードがなくなった人がかち

 

kids_room_youさんのアイディア

 

9、10の大きいすうじカードを使わずに、1〜8までの数のみを使うアイディアもありました。

こちらは、なんと4歳0ヶ月の男の子が挑戦しています!

 

すうじカードに載っている、マルの数を数えて計算しているようです^^

 

 

 

年中さんで、足し算を使ったゲームで遊べるってすごい!

こんなふうに、年齢に合わせて使う数字の制限を設けてみるのもいいですね。

ta.ku_trnさんのアイディア

コメントを残す